彩りの窓

2020.01.22

彩りの窓

富山メーカー見学行きました。

富山にある、「三協アルミ射水工場」さんと、「ナンゴー」さんの工場見学に行きました。

私(西井)も所属する、にわとわに北陸支部の冬企画です。

現場スタッフ3人と、貴重な晴れの日でしたが、楽しく貴重な経験できました。

「三協アルミ」さんでは、アルミの形材押出工程〜皮膜工程を勉強しました。

アルミの塊から、金型を通って出てくる形材は、長さ60m!!いつも見ている製品がせいぜい4mなので、ビックリでした。

切断後には、再度の加熱処理で強度を出し、皮膜、着色、塗膜で完成ですが、

その着色方法が、電解着色という、想像と違ったもので、

液に入れる時間の長さによって、色が変わってくる、ということでしたよ(驚)

工場内は、基本全自動。人の少なさにもビックリです。

うって変わって、午後からのナンゴーさんは、ロートアイアン、アルミアイアンを、

少数精鋭の職人さんが、ひとつひとつの材料を、手で切ったり叩いたりの加工をして、世界にひとつの製品を作り出していました。

職人さんの楽しそうな顔が印象的でした。

彩園のスタッフ(山本浩)の体験してるときの眼の輝きも最高でした(笑)

大きな機械で、大量に規格通りに製品化する「三協アルミ」さんも、

職人の手で、手間ひまかけて一点物を作る「ナンゴー」さんも、

ものづくりに対するの姿勢は同じ。

それらの商品を使って、私達(彩園)がお庭の中でどう活かしていくか、みんなの思いが集結する、素敵なお庭を作り出していきたい、と改めて感じました。

西井

もっと!ガーデニング

  • 事例ご紹介
  • おすすめ植物
  • 彩りの窓
  • 季節を楽しむ会