彩りの窓

つるバラの剪定・誘引

こんにちは、社長の吉田惠子です。

今年は暖冬と予報されていたけれど、ホントと過ごしやすい日が続いて、有難いです!

通年、2月中旬まで出来なかったバラの剪定誘引も、年明け早々、ドンドン進めています。

バラは落葉樹なので、休眠中の冬季に、根切り施肥と剪定を行います。つるバラや、シュラブのバラは誘引も行います。2月中には終わらせたい作業です。

このバラの庭は、約3年前にリフォームガーデンさせていただきました。

今回は、花付きが悪くなったということで、剪定・誘引のご依頼です。

混み入ってしまっていたので、剪定は、枝の整理から始めました。

バラは、昨年の枝に今年花芽を付けます。古い枝は思い切って切って整理しましょう。

一つの株ごとに、新しく強い幹3本〜5本だけ残して剪定し、またその幹から出てる枝の良いものを選んで他を剪定する作業を、一株一株進めていきます。枝先は20cmほど切り戻しておきましょう。

剪定後、頂芽優勢をいかして、残した枝を水平に誘引していきます。

全ての枝に日が当たるように、20cmほど隙間を空けて重ならないようにします。

スッキリしました!春が楽しみです(^.^)

バラの事でお悩みありましたら、ぜひご相談下さい。

素敵なバラの庭を目指しましょう(^-^)

もっと!ガーデニング

  • 事例ご紹介
  • おすすめ植物
  • 彩りの窓
  • 季節を楽しむ会